トップチーム
5/22(日)町田戦 試合後記者会見コメント(大槻監督)

本日行われました「2022明治安田生命J2リーグ第17節vsFC町田ゼルビア」の試合後監督記者会見における大槻監督のコメントをお知らせいたします。


(試合を振り返って)
リスタートで1つ取られてしまったところを取り返したかったです。試合前の準備でもありましたが、相手のゴール前に入っていくことや、そこで仕掛けるところの質は正直もう少しトレーニングをしないといけないなと感じました。ただ、僕らが伸びしろとして持っている部分ははっきりと今日のゲームでは分かりやすく出ていたので、そこにトライをし続けることを選手と共にやっていきたいと思わせてくれるゲームでした。悔しいですが、しっかりとまた次の試合に向けて準備をしていきたいと思います。

(課題がはっきりと出たというのはゴール前の質の部分か)
ボールをしっかりと届けること。パスもクロスもそうですが、そこに明確な狙いがあったり、そこに人が入っていくところは皆で共有しているので、そこにしっかりと「届けるか届けないか」「質が」という部分は回数を増やす部分を含めて、また皆でトライしないといけないと思いました。

(千葉戦などで見られたクロスの思い切りの良さが最近出てこないように見えるが)
スイッチを入れるといった話はしていますが、そこに関してはボールを入れられるプレイヤーのタイプや組み合わせなどもあります。そこをやり込んでいくところはトライしていますが、その色々な試合でメンバーを少し変えているのでそこはまた整理していきたいと思います。ここから連戦になりますが、逆に言うと連戦で良かったと思っています。色々な形で選手を変えなければいけない状況になってくると思うので、また新たなチャレンジを選手と共にしていきたいと思います。

(風間選手が復帰をしてパスのアイディアも増えたように見えたが、評価は)
その意見に同意します。

(2点差での敗戦は今シーズン初めてとなりましたが)
0-1でリードされていて勝ち点を奪いにいく状況になり、前がかりになってそこの判断のミスもありましたし、ボールを奪ってトランジションの部分で間がありました。ボールを奪われたプレーがどうだったのか、周りの選手がボールを受けることが出来なかったのかというのもありますが、そういったところでスコアが1点差であれば勝ち点を奪うことが出来る可能性はまだあったと思います。2失点目をあのような時間に奪われてしまうと、ノーチャンスになってしまうので、あのような場面を僕らはもっと突き詰めなければいけないと思います。例えば前半に背後を抜けられてしまった際に、オフサイドだとセルフジャッジをして足が止まってしまい、コーナーキックを献上したシーンがありました。このようなシーンが1試合に1回だろうが、3試合に1回だろうが、5試合に1回だろうがあることは大きな問題ですし、そのようなところをしっかりとプレーしなければいけないと思っています。そういった我々の隙というものが見えましたし、あれをこのピッチで出させてしまったことに僕自身がすごく責任を感じています。もう少しやらなければいけないなと思いました。

(相手がボールを握っている状況でプレッシャーをかけてボールを奪取してカウンターという形をあまり作れなかったように見えたが)
最初の15分くらいは出来たと思います。我々の問題で、最初のポジションの立ち位置のところで相手の右のサイドの選手が上がってきたり、左の28番の選手が幅を取ってきた時にボールから遠いところと近い部分での判断基準がありますが、そこが合わない場面が見受けられるようになり、ボールサイドで少しスライドが間に合わないようなシーンが出てきてしまいました。その仕組みをしっかりとやらないとこのような形になってしまうと途中から思いました。ここはしっかりと徹底したいと思います。

(そのあたりは相手の立ち位置に引っ張られてしまったのか)
立ち位置が引っ張られてしまったことと、気持ちが引っ張られてしまった両方あると思います。結果的に引っ張られてしまったので、逆に分かりやすく「こうすればいいでしょう」というのはあるので、そこのところも僕らのグループでの理解やパフォーマンスを上げていくことが出来るように、皆でトレーニングしていきたいです。