代表挨拶
 2019シーズンは、トップチームはJ3リーグで昇格条件の2位、チャレンジャーズも関東社会人大会に優勝することができました。これも一重に皆様方の多大なるご支援とご協力があってのことと、心より感謝申し上げます。
昨シーズンの成績により、2020シーズンからトップチームは、3年ぶりにJ2ステージで戦うこととなります。昨シーズン以上に厳しいステージでの戦いとなりますが、監督にはザスパ草津の初代監督である奥野僚右氏を迎え、チームスローガンの「上昇喜流」の下、クラブの創設時の原点に立ち返りチーム一丸となって全力で戦ってまいります。皆様にも今まで以上に熱い応援をお願いいたします。併せて、昨シーズンよりスタートした中長期的展望に立ったチームづくりを継続してまいります。ベテランと若い選手がお互いの良さを出し合い融合する中で、将来に向けたチームの土台をつくるシーズンにしたいと考えています。結果だけでなく内容も重視してまいります。
チャレンジャーズも今まで以上に努力と精進を重ねて参ります。チームも個人もさらに実力アップのシーズンと捉えています。チーム名の通りチャレンジ精神をもって関東2部リーグを戦い抜きます。チャレンジャーズにも温かいご声援をお願いいたします。
 また、群馬県全域をホームタウンとして活動する中で、クラブの更なる発展と今まで以上に群馬のお役に立てるよう、2月1日から社名を「株式会社ザスパ」に変更しました。群馬県唯一のプロフットボールクラブとして、皆様の期待に応えられるよう、スタッフ一同今まで以上に努力を重ね、皆様との信頼と絆をさらに強いものにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
結びに、2020年シーズンも皆様のご協力と応援をお願いいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。
2020年2月1日
(株)ザスパ 代表取締役社長 奈良知彦
会社概要
会社名 株式会社ザスパ
チーム名 ザスパクサツ群馬
本社住所

〒371-0022 群馬県前橋市千代田町4-12-4

TEL:027-225-2350  FAX:027-225-2355

電話受付/月曜日~金曜日9:30~18:30

※ホーム戦前日・当日は営業日。ホーム戦翌日は休業日
ファンクラブ事務局

〒379-2151 群馬県前橋市下長磯町135-1

TEL:027-212-0932

電話受付/火曜日~金曜日10:00~17:00

※平日12:30~13:30・月土日祝日・試合当日は事務所お休み

設立 2003年2月5日
ホームスタジアム 正田醤油スタジアム群馬

〒371-0036 群馬県前橋市敷島町66

沿革
2020年 2月
1月
・株式会社ザスパへ社名変更
・奥野僚右 監督就任
2019年 12月 ・Jリーグディビジョン3 2位(J2昇格)
2018年 12月
2月
1月
・Jリーグディビジョン3 5位
・奈良知彦 代表取締役社長就任
・布啓一郎 監督就任
2017年 12月
1月
・Jリーグディビジョン2 22位
・森下仁志 監督就任
2016年 12月 ・Jリーグディビジョン2 17位
2015年 12月
1月
・Jリーグディビジョン2 18位
・服部浩紀 監督就任
2014年 12月
2月
・Jリーグディビジョン2 18位
・都丸晃 代表取締役社長就任
2013年 12月
1月
・Jリーグディビジョン2 20位
・秋葉忠宏 監督就任 (ザスパクサツ群馬初のOB監督)
2012年 12月 ・Jリーグディビジョン2 17位
2011年 12月 ・Jリーグディビジョン2 9位
2010年 12月
1月
・Jリーグディビジョン2 12位
・副島博志 監督就任
2009年 12月
12月
1月
・Jリーグディビジョン2 10位
・植木繁晴 ゼネラルマネージャー就任(専任)
・佐野達 監督就任
2008年 12月 ・Jリーグディビジョン2 9位
2007年 12月 ・Jリーグディビジョン2 11位
2006年 12月
8月
6月
1月
・Jリーグディビジョン2 12位
・植木繁晴 ゼネラルマネージャー兼任
・代表取締役社長 大西忠生 逝去(6月29日)
・植木繁晴 監督就任
2005年 12月
12月
3月
1月
・Jリーグディジョン2 12位
・第85回天皇杯全国日本サッカー選手権大会ベスト32
・J2開幕
・手塚聡 監督就任
2004年 12月
12月
12月
4月
・第84回天皇杯全国日本サッカー選手権大会ベスト8へ進出
・JリーグよりJ2昇格の承認を受ける
・JFL年間順位3位を確保
・JFLスタート
2003年 12月
11月
10月
9月
7月
5月
4月
4月
2月
1月
・第82回天皇杯全国日本サッカー選手権大会初出場
・第27回全国地域リーグ決勝大会優勝。JFL昇格
・関東サッカーリーグ2部優勝
・群馬県サッカー協会長杯サッカー大会決勝戦において、群馬FCホリコシを3-0で破り天皇杯出場権を獲得
・同申請が満場一致で承認され、11月に開催される全国地域リーグへの出場資格を獲得
・日本サッカー協会へ「Jリーグ入りを標榜とするクラブに対する優遇措置」を申請
・関東サッカーリーグ2部 開幕
・2003年度の体制発表会
・株式会社草津温泉フットボールクラブ設立(ザスパ草津運営会社)
・図南クラブとの入替戦を1-1(PK3-1)で勝利し、関東サッカーリーグ2部昇格
2002年 9月
4月
4月
4月
3月
2月
1月
・群馬県社会人サッカーリーグ1部優勝
・草津町の賛同が議会で採択される
・草津温泉旅館協同組合の賛同が了承される
・チーム名を「リエゾン草津」から「ザスパ草津」に改名し、発足式を湯畑で開催
・小島伸幸がコーチ就任
・奥野僚右が監督就任
・再建へ着手。補強が始まる
2001年 12月
12月
10月
・関係者の紹介で大西忠生・植木繁晴・賢持宏昭の3名が草津町を視察
・選手が15名まで減少
・群馬県社会人サッカーリーグ2部優勝
・選手35名でシーズン開幕
2000年   ・群馬県社会人サッカーリーグ2部2位
・ラットコ・ステボビッチ監督が復帰し、選手18名で存続
1999年   ・地元サッカークラブの協力を得てチームは存続し、群馬県社会人サッカーリーグ2部に残留
・東日本サッカーアカデミーが閉鎖され、選手も4名まで激減
1998年   ・群馬県社会人サッカーリーグ1部 7位で2部に降格
・日本人監督 就任。専門学生以外の選手も加入が始まる
1997年   ・群馬県社会人サッカーリーグ2部 優勝
1996年   ・群馬県社会人サッカーリーグ3部 優勝
・生徒数25名に増加
1995年   ・リエゾン草津 監督に東邦チタニウム(当時JFL)のコーチだったラットコ・ステボビッチ氏 就任
・リエゾン草津 編成 群馬県社会人サッカーリーグ4部 登録
・群馬県サッカーリーグ4部 優勝
・サッカー東日本サッカーアカデミー 設立