2017年07月03日
【パートナー】トップチーム選手、U−12選手を群馬県人権啓発活動ネットワーク協議会「人権宣言メッセージ」に起用

お知らせ

ザスパクサツ群馬では平成29年度人権啓発活動の一環として、群馬県、前橋地方法務局と力を合わせ、トップチームの坪内秀介選手 川岸祐輔選手 市川恵多選手とU−12(小学3年、4年生のチーム)を起用した人権宣言メッセージ(映像)を製作しました。
「だれもが幸せに生きるための権利=人権」というテーマを、多くの方に関心を持っていただけるよう、選手からメッセージを送ります。
このメッセージ動画は7月16日(日)対アビスパ福岡(19時キックオフ)の試合会場の大型ビジョンで発信すると共に、ザスパクサツ群馬オフィシャルホームページ内でも掲載をします。
また当日は来場者に対して人権啓発活動を実施します。



1、映像メッセージ放映
平成29年7月16日(日)19時キックオフ
明治安田生命J2リーグ第23節 ザスパクサツ群馬 VS アビスパ福岡

2、実施場所 正田醤油スタジアム群馬 (前橋市敷島町66)

3、起用選手
川岸祐輔選手 (背番号3番 前橋市出身)
坪内秀介選手 (背番号4番 高崎市出身)
市川恵多選手 (背番号16番 藤岡市出身)

4、ホーム戦での主な啓発活動内容 (予定)
・来場者への啓蒙品配布
・群馬県マスコット ぐんまちゃん来場
・人権イメージキャラクター 人KENまもる君、人KENあゆみちゃん来場                      
・起用選手の人権宣言メッセージを大型ビジョンに発信
・起用選手の人権啓発メッセージポスター掲示
・LEDビジョン看板にて啓発メッセージ掲示
・前橋法務局 局長 岩崎 琢治 様によるご挨拶
・人権擁護委員の皆様によるのぼりの花道
・人権擁護委員の皆様によるフェアプレーフラッグベアラー(選手入場時)
・人権イメージキャラクター 人KENあゆみちゃん 人KENまもる君によるキックインセレモニー