日程・公式記録 選手紹介 選手・スタッフ 一覧 過去の記録

2015明治安田生命J2リーグ 試合レポート

2015明治安田生命J2リーグ 第31節
◆試合日/2015年9月13日 ◆時間/18:04kickoff ◆会場/正田醤油スタジアム群馬 【前節】
◆入場者数/3,375人 ◆天候/曇 23.2℃ 53% ◆主審/窪田陽輔 ◆副審/清水崇之、正木篤志 【次節】

ザスパクサツ群馬
試合結果
1 前半 1
0 後半 2
東京ヴェルディ
<スタメン>
GK 23 富居大樹
DF 13
3
4
33
有薗真吾
青木良太
小柳達司 → 久富82分
小林 亮
MF 30
25
6
19
15
松下裕樹
坂井洋平
小林竜樹 → 野崎72分
黄 誠秀 → ウーゴ62分
吉濱遼平
FW 26 江坂 任

<リザーブ>
GK 22 北 一真
DF 5
16
乾 大知
久富良輔
MF 8
32
7
アクレイソン
ユン ヨンスン
ウーゴ
FW 18 野崎桂太

監督/服部浩紀
<アシスト → 得点>
アシスト 得点
3 - 井林 章
36 松下裕樹 吉濱遼平
69 南 秀仁 中後雅喜
72 高木大輔 南 秀仁

後半 前半 項目 前半 後半
2 6 シュート 4 6
6 4 GK 5 1
3 1 CK 0 2
5 8 直接FK 9 13
1 0 間接FK 2 0
1 0 オフサイド 2 0
0 0 PK 0 0

<警告>
警告選手 警告選手
40 黄 誠秀 - -
59 小林 亮 - -
83 江坂 任 - -
90+2 ウーゴ - -
<スタメン>
GK 1 佐藤優也
DF 19
3
15
6
大木 暁 → 安西65分
井林 章
ウェズレイ → 南46分
安在和樹
MF 20
8
33
14
三竿健斗
中後雅喜
高木善朗
澤井直人
FW 18
7
高木大輔 → アラン81分
杉本竜士

<リザーブ>
GK 26 柴崎貴広
DF 2 安西幸輝
MF 10
11
45
ブルーノ コウチーニョ
南 秀仁
永井秀樹
FW 9
21
アラン ピニェイロ
菅嶋弘希

監督/冨樫剛一



服部浩紀監督 コメント

「勝負どころの取るべきところで取れなかった。相手のラストパス、フィニッシュの精度の高さにやられた。途中までは自分たちのペースでやれていただけに、本当に悔しい結果になってしまったと思っている」

Q、きょうの試合の狙い、できた部分とできなかった部分は

「まずできた点は、相手の背後を付けたところ。吉濱のゴールシーンや(小林)竜樹の裏への抜け出しなど、相手の背後を取るという点では狙い通りのことができていた。ただ、それができた上で、しっかりシュートで終わり、決めきるところまでいくことが課題となった。相手は逆に、そういうチャンスをものにする点で上回っていたし、うちとしても相手のストロングを注意してケアしていたが、抑えきることができなかった」

Q、新加入のウーゴ選手を後半途中から使ったが、彼の評価を

「勝負どころで使って、それで勝つのか負けるのかというところだったが、きょうは負けてしまった。彼はこのチームで一番キャリアがあり、経験が豊富なので、信頼して使った。失点してしまう前は、クロスに対していい入り方をしていたシーンもあったし、得点のにおいは感じることができた。タイミングが合って来ればゴールを取ってくれると思うし、これからも継続して使っていく」




選手コメント

■小林竜樹選手
「立ち上がりの失点がまずもったいなかった。ただ、攻めの部分で崩し切れていなかったところがあるし、そういう時に崩し切って点を取っていればこういうゲームにならなかった。もう少しイージーなプレーをなくすことを徹底しなくてはいけない。サッカーはミスのスポーツだが、その中でどれだけミスをなくせるか。自分たちの100パーセントを出し切れるようにしていかないといけない」

■黄誠秀選手
「前半の立ち上がりのFKでの失点が1番もったいなかった。前半、うちはすごくいい形をつくっていて、そこで決めきれていれば展開も違ったはず。相手との決めきる力の差が結果に表れてしまった。自分としては、前からしっかり守備をすることと、(江坂)任といい距離感を保ちながら裏に走り、相手のラインを下げて試合をやりやすくしようと思っていた。連敗となってしまったが、うちはあと少しで上が見えるという状況で勝ちきれないことが続いている。そのあと少しをどうしていくのかを考え、突き詰めていきたい」

■吉濱選手
「チャンスはうちの方が多かったし、崩すシーンも多かった。特に前半は良かった。そういう場面で決めきるかどうかが結果につながった。自分としてもバイタルでの質の必要性を感じた試合だった。ゴールシーンは、15番の背後を突かれることを相手が嫌がっているのがわかったので、試合中に松さん(松下)に伝え、裏に出してくれと言っていたので、その通りの展開で決めることができてよかった。負けてしまったが、いつもより内容は良かったと思うし、攻撃の質も高かったと思う。でも、決めないと勝てない。バイタルでの質だったり、劣勢になった時の迫力や質が、自分としては足りなかったと感じる。劣勢の時こそ、自分のプレーでチームの雰囲気を変えられるような選手にならなくてはいけないと思った。連敗は良くないが、内容は悪くないので、悲観的にならないようにしたい。チームとしての積み上げは、きょうの試合ではすごく感じることができたので、あとは決めるべき時に決めること。後ろが今までしっかり守ってくれてきたので、これからは自分たち前の選手がしっかり決めきる時に決めて、勝ち点を積み上げていきたい」




試合フォトギャラリー

▲円陣を組んで気持ちを高めるザスパイレブン ▲トップ下で出場し、攻守で奮闘した黄誠秀選手 ▲前半36分、吉濱選手が同点ゴールを決め、喜ぶ ▲攻撃の起点となった坂井選手 ▲後半途中から出場した新加入のウーゴ選手