日程・公式記録 選手紹介 選手・スタッフ 一覧 過去の記録

2015明治安田生命J2リーグ 試合レポート

2015明治安田生命J2リーグ 第10節
◆試合日/2015年4月29日 ◆時間/19:34kickoff ◆会場/正田醤油スタジアム群馬 【前節】
◆入場者数/2,530人 ◆天候/晴 19.9℃ 44% ◆主審/三上正一郎 ◆副審/西尾英朗、塚越由貴 【次節】

ザスパクサツ群馬
試合結果
1 前半 0
0 後半 0
カマタマーレ讃岐
<スタメン>
GK 23 富居大樹
DF 16
5
3
29
久富良輔
乾 大知
青木良太
川島 將
MF 15
8
30
26
6
吉濱遼平 → 永井67分
アクレイソン
松下裕樹
江坂 任
小林竜樹 → 黄84分
FW 20 小牟田洋佑 → 横山46分

<リザーブ>
GK 22 北 一真
DF 4
33
小柳達司
小林 亮
MF 19
14
11
黄 誠秀
横山翔平
オリベイラ
FW 36 永井雄一郎

監督/服部浩紀
<アシスト → 得点>
アシスト 得点
41 江坂 任 松下裕樹

後半 前半 項目 前半 後半
3 11 シュート 1 4
4 2 GK 5 5
3 5 CK 5 2
6 1 直接FK 4 5
0 2 間接FK 1 0
0 1 オフサイド 1 0
0 0 PK 0 0

<警告>
警告選手 警告選手
- - 89 エブソン
<スタメン>
GK 1 清水健太
DF 5
3
25
2
高橋祐治
藤井航大
岡村和哉
小澤雄希
MF 4
26
15
19
沼田圭悟 → 森川81分
山本翔平 → 武田70分
綱田大志 → エブソン70分
仲間隼斗
FW 9
20
我那覇和樹
アンドレア

<リザーブ>
GK 24 瀬口拓弥
DF 22
30
武田有祐
エブソン
MF 6
18
29
藤田浩平
関原凌河
森川裕基
FW 33 木島良輔

監督/北野 誠



服部浩紀監督 コメント

「ホームでやっと勝てた。試合を振り返ると、前半にいい入り方ができて、後半に押し込まれた中でも粘り強くハードワークできた。チャンスが何回もあっただけに、欲を言えば追加点が取りたかった。そうしたチャンスで2点目、3点目を取れるチームになっていかないといけない」

Q、先発に吉濱選手を起用した狙いは

「中2日での試合だったこともあり、できるだけコンディションのいい選手を入れたかった。吉濱と小牟田には、45分で出し切るぐらいの気持ちでやってほしいと言って送り出した。相手も中2日での試合だったし、最初から飛ばしていきたかった」

Q、前節はアディショナルタイムに2失点して敗れたが、そこから今日の試合に臨むに当たって、どんな指示を出したか

「接戦をものにしていこうと話した。そのためにはセットプレーだったり、ロングシュートだったり、キーポイントになる時間帯、プレーを全員でしっかり集中していかなければいけないと伝えた。狙い通りにアクレイソンや松下がいいシュートを打ってくれた。ここ数試合、シュートの意識が少なかったので、フィニッシュで終わろうということも徹底した」

Q、アウェー2連戦に向けての意気込みは

「C大阪戦でいい形で勝利し、負けてはしまったがこの前の東京V戦も内容は悪くなかった。その中で今日の試合を勝てたことはチームが一つになるきっかけになる。アウェーの試合が続くが、攻撃陣は若い力を使いながら勝ち点3を狙っていく」

Q、松下選手のゴールの評価を

「アクレイソンも入ってもおかしくないシュートを打っていたし、松下はチームで1番正確なキックが蹴れる選手。ああいうシュートをボランチの2人がどんどん打ってくれることが、チームの大きな力になる」




選手コメント

横山選手
「(けがから試合に復帰するまで)だいぶ長かった。公式戦は去年の夏以来。ちょっと緊張した。プレーするに当たって、長い期間出ていなかった分、気持ちを前面に出そうと思っていた。久しぶりにピッチに立って感じたのは、もう1点、追加点を取るのが自分の役割だということ。そういう面で、勝ちはしたが、もっともっと結果にこだわっていきたい。上に行くためには連勝が必要だし、次の試合も勝利を求めて戦っていく。個人的には、ハードワークや戦う気持ちを出していき、チームに貢献していきたい」

松下選手
「現状で下位にいるチーム同士の対戦。相手も考えて、失点しないように戦ってきた。ボールをしっかり動かしながら、先に点を取れたことが大きい。ずっとホームで勝ちたかったし、この勢いを生かして、アウェー2連戦をしっかり勝って、またホームに戻ってきたい」

青木選手
「やっとホームで勝ててよかった。前半はうまくリードすることができたが、後半は相手の出足が早くなり、セカンドボールが拾えなくなったことで押し込まれてしまった。それでも何とかみんなで耐えて、ゼロで終わりことができたのは大きい。チャンスがあった中で追加点を奪えなかったことは、次の試合への課題となる」

富居選手
「久しぶりにゼロで終わる試合ができた。後ろの選手としては本当によかった。そして、ホームで勝てたことで本当に安心した。ただ、まだまだ連戦が続くし、何も得ていない。アウェー2連戦、後ろがゼロで終われば負けることはないし、連勝を伸ばして、ホームに帰ってきたい」




試合フォトギャラリー

▲久しぶりのリーグ戦出場を果たしたMF横山選手 ▲ロングシュートを決め、喜ぶMF松下選手 ▲相手のFKの壁に立つザスパイレブン ▲途中出場で見せ場をつくったFW永井選手 ▲スタメン出場で積極的に攻めたMF吉濱選手