日程・公式記録 選手紹介 選手・スタッフ 一覧 過去の記録

2015明治安田生命J2リーグ 試合レポート

2015明治安田生命J2リーグ 第8節
◆試合日/2015年4月19日 ◆時間/16:04kickoff ◆会場/ヤンマースタジアム長居 【前節】
◆入場者数/17,212人 ◆天候/曇 21.4℃ 64% ◆主審/塚田智宏 ◆副審/田中利幸、中野卓 【次節】

セレッソ大阪
試合結果
1 前半 1
0 後半 1
ザスパクサツ群馬
<スタメン>
GK 21 キム ジンヒョン
DF 3
14
23
30
染谷悠太
丸橋祐介
山下達也
椋原健太 → 酒本46分
MF 2
5

6
扇原貴宏
長谷川アーリアジャスール
        → 橋本64分
山口 蛍
FW 7
10
20
パブロ → 関口46分
フォルラン
玉田圭司

<リザーブ>
GK 27 丹野研太
DF 37 池田樹雷人
MF 11
16
17
31
32
楠神順平
安藤 淳
酒本憲幸
橋本英郎
関口訓充

監督/パウロ アウトゥオリ
<アシスト → 得点>
アシスト 得点
2 玉田圭司 フォルラン
28 野崎桂太 小林竜樹
84 - 小林竜樹

後半 前半 項目 前半 後半
8 3 シュート 4 4
6 2 GK 6 13
7 0 CK 6 0
5 2 直接FK 3 4
0 0 間接FK 0 2
0 0 オフサイド 0 2
0 0 PK 0 0

<警告>
警告選手 警告選手
50 長谷川アーリアジャスール - -
<スタメン>
GK 23 富居大樹
DF 16
5
3
29
久富良輔
乾 大知
青木良太
川島 將
MF 36
8
30
26
6
永井雄一郎 → 吉濱67分
アクレイソン
松下裕樹
江坂 任 → オリベイラ81分
小林竜樹
FW 18 野崎桂太 → 小牟田77分

<リザーブ>
GK 22 北 一真
DF 4
33
小柳達司
小林 亮
MF 19
15
11
黄 誠秀
吉濱遼平
オリベイラ
FW 20 小牟田洋佑

監督/服部浩紀



服部浩紀監督 コメント

「セレッソというビッグクラブに勝てたことを素直に喜びたい。選手に本当に敬意を表したい。本当によくやってくれた。試合は立ち上がりにセンターバックのところで起点をつくられ、失点してしまった。その後、どう立て直して戦うか考えていたが、選手が試合の中でうまく修正してやってくれたことを評価している。後半、苦しい時間が長かったが、うちのチームはいつも後半の立ち上がりにやられてしまうところがあって、今日はその時間帯をしっかり集中していけたことが大きかった。そして守りながらもワンチャンスを狙い、しっかり仕留めることができた。こういう粘り強い戦い方をうちのベースにしていきたいと思う。まだ一つ勝っただけだし、これを継続することが本当の強さになる」

Q、セレッソ大阪と戦うにあたり、どんなプランを立てていたか

「一人一人では劣っていても、チームとしてカバーしていけばいい。スライド、球際、ファーストディフェンダーなど、基本的な部分をしっかりやることを徹底した」

Q、今季初スタメンとなったDF乾選手とDF川島選手を起用した意図と評価は

「2人とも対人プレーに強いことを買って使った。私が思っていた以上に成果を出してくれたと思っている。これを自信にして、どんどん成長してほしい。特に川島は、練習生という立場から這い上がってきてくれた。最初の試合がセレッソというビッククラブだったが、彼には『俺はお前がやれると思っているから使う』と言って送り出した。本当によくやってくれたと思う」




選手コメント

青木選手
「立ち上がりの最悪な時間帯に失点してしまい、試合を難しくしてしまったが、チームが一つになって前半のうちに同点にできたことが大きかった。こういうJ2の中でも頭一つ抜けているチームに勝てたということを勢いにして、これから先の試合につなげていかなければいけない。うちはまだホームで勝利がないし、今日の勢いを生かして次の試合(アウェー東京V戦)も勝ち、いい流れでホームに戻って、そこで勝ってサポーターと一緒に喜びを分かち合いたい」

小林竜樹選手
「我慢の時間が長くて、相手のペースでやれしまいそうな中、自分たちが粘り強く戦い、我慢し切れたことが勝利につながった。2点ともいい準備ができていて、いいところにボールが来てくれたので決めることができた。セレッソ相手に結果を出せて本当にうれしい。ホームで勝てていないので、これからもしっかり結果を出し続けることにこだわっていきたい」

川島選手
「初出場の緊張は全くなかった。消極的にならず、積極的にプレーすることだけを心掛けてピッチに入った。守備ではサイドからボールを奪うこと、しっかりプレスにいくことを意識していた。攻撃の部分で、前に出ていくタイミングだったり、回数だったり、自分として課題と感じた部分も多い。チームが3連敗している中、自分が出ることで流れを変えられればと思っていたので、勝ててよかった。次もこの勢いを持続し、がんばっていきたい」

乾選手
「久しぶりの試合だったので、やってやるぞ、という気持ち以上に、サッカーを楽しもうと思ってプレーした。その気持ち通り、楽しみながら勝利につなげられたと思う。1失点目のシーンは、その前の最初の競り合いで手前にボールを落とされたので、その分1歩引いたタイミングで競ったことが結果的に起点を作られてしまった。ただ、その後で気持ちを切り替え、しっかり戦うことができた。セレッソに勝ったことを自信にしつつも、次の試合が待っているので、気を引き締めてやっていきたい」




試合フォトギャラリー

▲前半28分、MF小林竜樹選手が同点ゴールを決めて喜ぶ ▲後半39分、決勝点となる2点目のゴールを決め、右手を突き上げるMF小林竜樹選手 ▲J初出場ながら堂々とプレーしたDF川島選手 ▲果敢な仕掛けでチャンスを作ったMF江坂選手 ▲気迫あふれるプレーで相手ゴールに迫ったFW野崎選手